一番最初に親にもらう大切な贈り物・・・命名のあれこれ

どういった思いや意味がこもってるの?

親の立場として、子供が生まれる前に子供の名前を考える、これはなかなかヘビーな役目です。なぜならその名付けた名前を一生その子は背負って生きていかなければならないからです。可愛ければいい、目立てばいい,そういったものではないのが名前。難しいですよね。名前を「音」で取るか「意味」で取るか「画数」で取るか・・・もちろんそれぞれのご家庭での意見で違うでしょうが、子供を思って名付けるという意味合いでは全てが特別、大切な名前ですよね。

案外多い、「生まれてからお顔を見て決める」派

生まれる前に命名するケースも多いですが、近ごろでは「生まれる前に名付けてもお顔を見たらどうも・・・ちがうかな?」なんて思ってしまうご両親も多いようです。そこで幾つかの候補を絞っておき、生まれた赤ちゃんのお顔を見てから「よし!この子にはこの名前!」と決定するご家族の方もよく耳にします。確かに、これも一理ありますよね。ちなみに我が家にも子供が2人おりますが、共に生まれる前に名付け、そして下の子は上の名前の音を比較的合わせた名前にしてみました。参考まで(笑)

両親からの人生で一番最初で最長の贈り物

生まれる前でも生まれた後でもまずは親からの一番最初の贈り物には違いありません。とても大切な、一生持ち続ける贈り物・・・そう、ずっと人生最後の瞬間までその名前を持ち続けるわけですので、一番長く所有する贈り物でもあるのです。両親の色々な子供のへの思い、夢や希望を込めた名前。漢字や音が同じであったとしても、込められた思いはどれも様々です。そう、どんな名前でも命名された時からその名前は世界に一つだけの特別な名前なのです。

命名と言うのは人や物など色々とありますが、人の場合には、いじめにあわないような名前を付けることが大切です。